屋台の金魚を長生きさせる方法

屋台の金魚を長生きさせる方法

夏祭りや花火大会で定番の屋台は金魚すくいです。でも、屋台で手に入れた金魚が長生きしないのは何故でしょう。その個体に病気がある場合もありますが、飼育者の努力次第で長いお付き合いをできる可能性も充分あります。 長生きさせるのに欠かせないのは、カルキ抜きとブクブク(エアーポンプ)です。蛇口から出てくる水道水には、消毒のために塩素が使われています。この塩素が金魚を弱らせてしまう原因の1つです。水道水は、一晩ほど汲み置いておくことで塩素やカルキ臭が抜けます。屋台に行く前日から水槽のお水を用意しておくのがおすすめです。もし用意していなかった場合は、すぐに金魚を水道水を貯めた水槽に入れるよりは、カルキ抜きをしつつ、一晩ほど袋の中で過ごしてもらった方が健康に良いでしょう。 金魚は酸欠に弱い生き物です。昔ながらのきんぎょ鉢で飼う人もいますが、実は全く飼育に適した環境ではないのです。水槽にはブクブクを入れて、酸素を送ってあげてください。 長生きのコツとしては、粗塩を1につき1g入れて、代謝をあげる方法があります。ただし、食卓用の塩は成分が違うので効果がありません。 以上を参考に、金魚を長生きさせてくださいね。

金魚は現代のストレス社会に癒やしを与えてくれる

アクアショップでは様々な金魚が販売され、水槽越しに見るだけで癒されることもあるものです。
ペット飼育をしたいものの、マンションなどでペットを飼育することができない方やアレルギーがあることで毛のあるペットが飼えない方には金魚の飼育が最適で、熱帯魚とはまた違う良さがあるものです。
可愛いものが好みであれば、ピンポンパールというような丸い形の魚が人気です。
らんちゅうというタイプも魅力があり人気となっていますが、丸い体型の体は水質によっては転覆病と言う逆さまになってしまう病気になることがあるので、飼育する場合には注意が必要です。
祭りの縁日などで人気の出目金などは飼育が比較的簡単で初心者には適しています。
最初のうちは小さい出目金でも、成長期を迎えてスクスク育つようになると15センチを超えるような出目金になることもあります。
個体差もあるかもしれませんが、意外なほど人になつくことが多い金魚は、水槽のガラスに指先を付けることで水の中から指先をつつくことがあります。
これは餌を欲しがる行動だとも言われています。
水槽に好みの水草を育てることでアクアリウムも楽しめますし、犬や猫のように飼育をするために手がかかりませんので、忙しい人でも飼育が可能でしょう。
美しい水草、そしてユラユラ揺れるヒレを見ているだけで心からストレスが解消される感じになる方も多いかもしれません。
また、水が流れる音もストレスを和らげてくれるという相乗効果も期待できます。

recommend

陰山泰成を検索
https://www49.atwiki.jp/kageyamay/pages/1.html
ハイパーマーケティングホールディングスとは
http://souzoukan.net/relate/394334235.html
加藤行俊
http://jonetu-ceo.com/2015/03/24171/
卒園記念品
http://www.710kasa.jp/

2016/11/11 更新